北九州のカウンセリング

カウンセリングについて

不登校相談

不登校の心性・・・「私自身の学校に行きたくないという思いは、すごく周りの人に迷惑をかけている存在で、でもまわりを悲しませる訳にも行かず、フゥ~と泡が消えるように消えてしまいたいと思って・・・私、もとからその場所にいかなかった人間として、みんなの記憶から消えてしまえたらどんなに楽だろうって・・・」・・・・・・その彼女が、はじめて親からそのまま、有りのまま受止めてもらえたとき、「行きたくないと思っていた自分、こんな自分でも、いてもいいんだ。生きててもいいんだ。この世に存在していてもいいんだ!」という感覚が溢れてきたという。
――それぞれの子供たちに、あった生き方があっていい。どういう成長の仕方でも、あっていい。生き方の進路(路線)変更です。それは誰からも疎外されるものではありません。ただ、そういう子供たちに対して違ったかたちの支援のシステムが社会に用意されていないと西村秀明は言っています。
――人間の成長にとって何が問題か
*不登校という行動をとったことに対し、その子がどのように扱われたかがその子の自己イメージを作り、これからの生き方、価値観などに決定的な影響を与えていく。
*不登校という行動をとったことに対し、否定的な扱われ方をしてきた子供たちは、生き方を見失い、否定的な自己像を形成していく。
――生きていく主体であるその自分を否定して、人生を組み立てられる訳がありません。
*自己否定から自己肯定への援助を。
――「この自分でいいんだ」「自分って、結構ステキじゃあないか、と思っている!」「自分の頭がものを考えているのが分かる」「もう一度生きてみようと思った」・・・など自分を肯定的に捉えることが、できるようになったのが契機になって、立ち直った子供たちは多い。

電話:093-871-2004,携帯:090-6423-8249;営業時間:8:00~20:00,年中無休

  • トップページ
  • カウンセリングについて
  • 料金表
  • よくある質問
  • プロフィール
  • アクセス

カウンセリングルーム北九州
〒804-0062
福岡県北九州市戸畑区浅生
2丁目4番20号
サンパーク浅生公園803号

心理療法をお考えの方は北九州にあるカウンセリングルームへお越し下さい。
本人しか理解できない悩みやストレス。しかし誰にも話をしないで一人で抱え込んでいては、知らない間にストレスがたまってしまい普段の生活に支障がでてきます。精神を回復させるには病院の薬では補えない場合もあるため北九州カウンセリングルームでは心理療法によるストレスのコントロールを一緒に取り組んでいきます。
営業時間/8:00~20:00
年中無休
TEL:093-871-2004/090-6423-8249

PAGE TOP