北九州のカウンセリング

カウンセリングについて

来談者(クライエント)中心療法

カール・ロジャーズによって開発された療法で、わが国のカウンセリング界に最も大きな影響を及ぼしたものの一つです。
 カウンセラーがすべきことはクライエントに対して、原因の指摘や解決法の提供ではなく、クライエントが自分の問題に責任をもって取り組めるよう、今まさにクライエントが経験しつつあることを、解釈や分析ぬきでそのまま受けとめて、その気持や見方などを共感を持って理解していくことだとしたのです。そういった基本的な態度がカウンセラーには最も重要であると、強調しています。
 これはクライエントの主体的な成長力を尊重する態度で、「セラピーによるパーソナリティ変化の必要にして十分な条件」に3条件が提示されました。それは①「無条件の肯定的配慮」②「共感的理解」③「純粋性」もしくは「自己一致」です。
 そしてクライエントの自己概念と矛盾する経験が、心理的に不適応の状態をつくっていると捉え、そのためカウンセリングは、クライエントの経験と自己概念を一致させることを目指しています。
 当カウンセリングルームもこれをカウンセリングの基本的な態度としています。

電話:093-871-2004,携帯:090-6423-8249;営業時間:8:00~20:00,年中無休

  • トップページ
  • カウンセリングについて
  • 料金表
  • よくある質問
  • プロフィール
  • アクセス

カウンセリングルーム北九州
〒804-0062
福岡県北九州市戸畑区浅生
2丁目4番20号
サンパーク浅生公園803号

心理療法をお考えの方は北九州にあるカウンセリングルームへお越し下さい。
本人しか理解できない悩みやストレス。しかし誰にも話をしないで一人で抱え込んでいては、知らない間にストレスがたまってしまい普段の生活に支障がでてきます。精神を回復させるには病院の薬では補えない場合もあるため北九州カウンセリングルームでは心理療法によるストレスのコントロールを一緒に取り組んでいきます。
営業時間/8:00~20:00
年中無休
TEL:093-871-2004/090-6423-8249

PAGE TOP