北九州のカウンセリング

カウンセリングについて

解決志向アプローチ

従来の心理療法は、幼少期の心の傷や、過去の心の傷などの問題に焦点を当て、その背景にある原因についての情報収集などをして、解決の方法を探っていました。そのために過去の傷を、新たに思い出し、否定的感情を更に生み出してしまうのです。そのために心理療法にはかなりの時間がかかっていました。
 過去の苦痛や悩みに深く立ち入ることが、ほんとうに助けになるのでしょうか。
 解決志向アプローチでは、過去の問題ではなく、より良い未来に向けた解決策の構築に焦点を当てます。カウンセラーは、クライエントが現実に達成できそうな目標を掲げる事を促します。以下のような技法によりクライエントに問いかけて解決を促進しています。
*問題のない人生とはどのようなものなのか(ミラクル・クエスチョン)。
*問題以外の生活の中でうまくいっている行動や考え方(コーピング・クエスチョン)。
*今ここの質問や未来志向の質問によって、クライエントは変化することは必然なのだという信念が生まれる。
*問題から離れて、解決に目を向けた会話を通じて、クライエントが自身の生活を変えることは可能であり、必然でもあるという心境に到達するのを手助けする(ソリューショントーク)。
*問題を示す中での小さなステップや、小さな変化は、それが解決される途中にあるということです。
*クライエントにとって良いことならば認め賞賛する。「いいですね!」(コンプリメント)
*「何点くらいになったらいいと思いますか」(スケーリング・クエスチョン)
スティーブ・ド・シェーザーが発見したことは、クライエントが行動の中で、すでに行っている「解決」のパターンを増幅させることによって、それらが問題パターンより、大きくなってくることです。例えばいつも落ち込んでいる、という問題を抱えたクライエントの、落ち込みが少ないと感じる時の行動を質問し、その落ち込みが少ないときの行動を徐々に増やしていくのです。当カウンセリングルームでは解決志向アプローチを実践しています。

電話:093-871-2004,携帯:090-6423-8249;営業時間:8:00~20:00,年中無休

  • トップページ
  • カウンセリングについて
  • 料金表
  • よくある質問
  • プロフィール
  • アクセス

カウンセリングルーム北九州
〒804-0062
福岡県北九州市戸畑区浅生
2丁目4番20号
サンパーク浅生公園803号

心理療法をお考えの方は北九州にあるカウンセリングルームへお越し下さい。
本人しか理解できない悩みやストレス。しかし誰にも話をしないで一人で抱え込んでいては、知らない間にストレスがたまってしまい普段の生活に支障がでてきます。精神を回復させるには病院の薬では補えない場合もあるため北九州カウンセリングルームでは心理療法によるストレスのコントロールを一緒に取り組んでいきます。
営業時間/8:00~20:00
年中無休
TEL:093-871-2004/090-6423-8249

PAGE TOP